自分の影霊衣デッキの変遷3(外神ナイアルラ TFSP次元にて)

TFSP次元からこんにちは。

 

遊戯王である。

 

(TFSP…遊戯王アークファイブTAG FWORCE SPECIALの略。)

 

 

約4年前の公式から発売されたゲームである。(2019年現在)

 

同ゲーム内に保存できるデッキレシピの空きを作るために、デッキ制作過程のつもりでそのレシピを残していく。

 

注意として…

・ネタデッキ

・ネタデッキだが、ほぼ影霊衣カードなので個人的なコンセプトがネタ?。

・4年前のカードプールとはいえ、正直強くはない。作中のフリーに戦える/遊べる相手のデッキが程よいデッキレベルのため、そのなかではまあまあ五分五分かな。

・・・

 

 

 デッキの変遷3

 

④デッキ名:ナイアルラの影霊衣

 

メインデッキ 40枚

モンスターカード 23枚

  1. センジュ・ゴッド      ×1
  2. 影霊衣の術士 シュリット  ×3
  3. 影霊衣の大魔導士      ×2
  4. 影霊衣の舞姫        ×2
  5. マンジュ・ゴッド      ×3
  6. ヴァルキュルスの影霊衣   ×3
  7. カタストルの影霊衣     ×1
  8. クラウソラスの影霊衣    ×2
  9. グングニールの影霊衣    ×1
  10. トリシューラの影霊衣    ×1
  11. ブリューナクの影霊衣    ×3
  12. ユニコールの影霊衣     ×1

魔法カード 17枚

  1. 儀式の準備         ×2
  2. 黒白の波動         ×3
  3. 死者蘇生          ×1
  4. スター・ブラスト      ×3
  5. 増援            ×1
  6. 影霊衣の降魔鏡       ×2
  7. 影霊衣の反魂術       ×1
  8. 影霊衣の万華鏡       ×3
  9. ハーピィの羽根箒      ×1

EXデッキ 7枚

  1. 虹光の宣告者        ×3
  2. 外神ナイアルラ       ×3
  3. 聖刻神龍―エネアード    ×1

 

【感想】

 ・この形に落ち着くまでに最低でも7、8回ぐらいはいろいろいじっている。最初は「黒白の波動」が入っていなかったし、もう一度クリフォートの要素としてゲノムとアーカイブを混ぜ混ぜしていたこともある。

 

 

 とにかく、外神ナイアルラがドストライクなのだ。

www.nanapachi.com

本格的にナイアルラをどう使おうかと思案していたのがこのデッキ。 

 

 

・「黒白の波動」は私の好きなカードの1枚である。

 

現実におけるOCG環境では幾分か使いやすくなっていると思うこのカード。とはいえ、そこは4年前の環境+私自身シンクロ召喚に疎い。そこで、影霊衣とナイアルラの組み合わせである。

 

影霊衣が出た当時にも少し触れていた人がいた気がする1つの案ではある。基本的な流れとしては(以下、基本略称)…

  1. 万華鏡発動→EXデッキから虹光を墓地へ
  2. ユニコール儀式召喚(→墓地へ送られた虹光の効果発動して儀式関係サーチ可)
  3. 2+適当なレベル4でナイアルラをエクシーズ召喚(エクシーズ召喚成功時効果は使ってもよい)
  4. ナイアルラのもう1つの効果発動→この時に墓地にいるシンクロモンスターである虹光とエクシーズ素材を入れ替える。
  5. いつでも黒白が発動可能。

 

ちなみに、黒白はフィールド全体が射程範囲なので、虹光をもつナイアルラ自身をその効果で除外すれば、エクシーズ素材の虹光は再度墓地に送られる。そのため即刻もう一度虹光のサーチ効果が使えたりする。

 

・反魂術が1枚なのはこのデッキを作った当時のレギュレーションのため。いまなら、増援を抜いて反魂術を2枚にしたいところか。

 

・EXデッキの聖刻神龍は、あくまでヴァルキュルスの影霊衣が好きで、その2つの効果を使いたい!フィールドに立たせたい!失敗してもいいからヴァルキュルス(略)で攻撃したい!といった私の欲望的こだわりプレイングのためヴァルキュルス(略)が3枚入っていながら基本的にエクシー召喚することは少ない。

 

…だが、聖刻神龍は数少ない?コストとしてではなく、効果でリリースできるカードのため、コストによるリリースでは効果の使えない影霊衣モンスターとは相性がいい。

 

・ヴァルキュルスが3枚入っていたり、そんなこんなの黒白が3枚入っていたりと私の好きが如実に表れており、第1回目の完成デッキともいえる。

 

・ここ数日書いていて、「影霊衣の反魂術」は影霊衣の儀式魔法カードの中で唯一「鏡」ではないカード(2019年現在)なんだなと気づく。個人的にカードゲームとは関係なくイメージする儀式的には術の方がしっくりきていると言えばきている。いや、ほかはあくまで祭具を抜粋した名目なだけでちゃんとした儀式を執り行っているのだろう。

 

 

つづく3