【ゴッドイーター3】家族な妄想、あなたならどうする? ”愛”人、恋人編

ゴッドイーター3の思い入れ。

 

前略。

 

劇中の仲間で構成する妄想上の家族構成、思いのたけを語りたいこのシリーズも第3篇。

 

 

目次

 

 

妄想の基本構成

 

 まず、これは私の妄想だ。

 

以下、基本構成。

 

  • 主人公:男

以下、主人公に対して、

  • 第一夫:キース(愛子夫)
  • 第二夫:ジー
  • 第一夫人:ルル(恋女房的な)
  • 愛娘:フィム
  • 父母兄姉夫婦親友:ユウゴ
  • 恋人:クレア
  • 弟:ニール
  • おじ様:リカルド
【ゴッドイーター3】家族な妄想、あなたならどうする? 夫編 - napachiのブログ

 

 

父母兄姉夫婦親友:ユーゴ

公式見解的に見ても、ユーゴが主人公の親友であることは疑いの余地はない。

 

実体験してみても、そう感じる…そう感じるのだが、それだけではないものも感じる。

 

同じような意見を目にしてきたが、私はそれらに賛同する。

さらに個人的な印象を加味すると…

 

  • 父にして母、母にして父
  • 兄にして姉、姉にして兄
  • 夫にして妻、妻にして夫
  • 親友

 

序盤は確かに親友。「ユーゴ」なんだよ。うん。

 

でもね、中盤以降はもうお母さんて呼びたくなるんだよね。

 

ほんで、そこに親友性が混じると(良き)妻/嫁だし、時に終盤は父性が見られてお父さんだし。

 

さらに時々、お母さんさや親友性がどちらも程よく弱まると、お兄さんかお姉さんなのよ。(良き兄姉)

 

本人の性向もあって、どうしても主人公より年下には見えないのは私だけだろうか。

 

 

タイトル的に長くなるから、”愛”人とまとめてしまったが、まぁ、誤用的拡大解釈としての愛人。

 

一通り兼ね備えている存在だが、より厳密的に言えば、親友性と父母性が強い。

 

夫婦性は、いわゆる夫婦とは一線を画すというか、プラトニックというか。別にそこに性交はあってもいいが別次元な夫婦というか…しいて当てはめるなら、第2(3)夫・第2夫人である。

 

 

幼馴染であれば親友かといえば違うが、まぁ、幼馴染で親友で。

 

退廃的な世界で、しかも過酷な時を共に過ごしてきた。

 

幼少から現在まで過酷に過ごしてきたので、アダルトチルドレン的な危うさもありそうな気がしつつも、性向のせいか誰からも頼りにされる。

 

それが気負いすぎな反面、自発的にもそうしたいと望み、思考し行動し優しい。

境遇的な少々の言葉遣いと目つきが少し鋭いのはご愛敬。

 

ゲーム性としても頼れるキャラだが、私自身、ストーリー中は彼を頼りにしていた面がある。

 

好きな作品にはたまに感情移入をしてしまうが、こう思い返してみると脚本づくりというか、作品作りってすごいなって思うね。

 

 

恋人:クレア 

本来彼女は、妻だと思う。

 

明言こそされてはいないが、3までのシリーズでのヒロインと呼べるキャラの中では、一番主人公に対して、慕情を感じているように感じる。

 

ただしこれは、一プレイヤーとしての欲望かもしれないが。

(また、スマホアプリは未プレイのためわからない)

 

そして、ストーリーをクリアし、追加ストーリーを見る中でも、妻は彼女でいいのかもしれないとも思っていた。

 

だが、「…かもしれない」という違和感は各種クリア後にふつふつと醸造されていた。

 

その後のルルの追加ストーリーでそれが確信に変わった。

 

 

個人的な思想として、多夫多妻である。

 

これは字ずらから見ても、一夫一妻・一夫多妻・一妻多夫などのような支配=束縛するものではない。

 

夫または妻とは、それらに比べればよりただの称号的なものだ。

 

とはいえ、それでも彼女を妻(夫人)と称することに少し抵抗はある。

 

好きだよ。私も。フィムにとってもお母さんと呼べる存在だ。

 

 

いかに今作は家族を希求しているように見えるとはいえ、そして、愛娘のフィムを中心に見れば、フィムにとって皆がお父さん・お母さんであり、兄弟姉妹だ。

 

しかし、立場を変えれば、お父さん・お母さんたちは別に夫婦ではない。

 

いや、多夫多妻を口にしながら、夫婦制にこだわるのも何とも古臭いとも思えるし、そういう夫婦感や兄弟感、親子感のない家族もおおいにあり得ると思えるのだが。

 

 

夫婦感がないと見ても、やはり彼女を妻と称することに違和感があるので、恋人である。

 

そして、どちらかというと妾。

 

妾文化も廃れているが、この方が個人的にしっくりくる。

 

 

多夫多妻なのに、妾というのは何とも滑稽だが、妄想上そう思えるのだ。

 

 

つづく