napachiのブログ

基本、私見です。当面趣味の感想です。

【遊戯王LotD】久しぶりに公式ゲームとして遊ぶ人が心しておくといい1つの事

遊戯王LotD次元からこんにちは。

 

発売から色を付けで1年弱経つ今日この頃。

いかがお過ごしですか?

発売から早々に遊戯王好きからゲーム好きまでにそして各所で早々にクソゲー認定を食らってしまった本作。

 

概ねそれらの意見には賛同しますが、特にこのゲームを始めて遊ぶという人に向けて特に意識してほしいことを1つ挙げておく。

 

 

 

遅い、とにかく遅い

早速本題。

起動の読み込み時間は速いほうよ。

 

それ以外は遅い…より正しく言うと、何が何でも時間がかかる。

 

前作は遊戯王TFSPだが、それに比べると圧倒的に時間がかかる。

そっちは起動の読み込みが遅いが。

 

問題点と思うところ 

遊戯王系のゲームは初期頃を除き基本的にカードゲームとなる。

 電子上カードゲームといったところか。

 

このカードゲームの流れとその関連がとにかく時間がかかる。

 

これは前作と共にオプションなりの設定で「早め」にすることはできる。

できるが前作を知っている身としてはどうにも遅いと感じて仕方がない。

いわゆる元カレ元カノと比較する気持ちかもしれない。場合によっては昔の友達と比較する人の気持ちかもしれないが、前作と比べて時間がかかる大きな要因は以下の4つがあると思う。

  • じゃんけんが手動
  • じゃんけんに勝った場合、先攻後攻決めが手動
  • 設定の速度に関係なくカードの動きが一定
  • 特定のモンスターのアニメーションは強制(強制CG)

 

2020年中にアップデートが予定されており、それがどうなるかにもよるが、2020年1月現在での本作の設定でできる最速はこれはこれで難がある。

「ゲームの流れ=時間感覚」は、”カードの動き”と”カードや効果の発動”の問答にある。

”動き”が変わらないので、この最速設定は「各種発動の問答を一部を除き基本スキップする」というもの。特定のボタン操作中とその一部の時は問答は発生する。

 

せっかく最速にしたのにつきっきりでなければならないってどういうことでしょう?

 

便宜的に最速と呼んでいるが、本作には三段階の速度がある。

そして、正確に言えばそれは速度調節ではないのだが。

最初っからの設定はその中で一番遅いものになっている。

 

私はもっぱら問答は自然発生してほしいので、いわば中速にしている。

 

強制CG(特定アニメーションの強制)

上記に付随するが、極一部のモンスターのアニメーションが強制で行われる。

それは各テレビアニメの特定のキャラクターのエースモンスターである。

基本的にフィールドに表側でそのカードを出すと強制でそのアニメーションが行われる。

 

基本的には召喚・反転召喚・特殊召喚の度に毎回だ。

救いというのも変だが、フィールドに表側で出た時の登場シーンだけなのがまだ救いか?

…そんなことはなく、お互いにセットモンスターの把握が必要な「セットで特殊召喚(旧、裏側守備表示で特殊召喚)」に関しても、その特殊召喚時に強制CGを挟みます。

 

1~2秒とたかだかかもしれないが、それが毎回となると辟易するよね。

ゲーム会社には難癖になるが、こと前作を知りそこでそうしたものはスキップできる設定にしたりしていた身からすると、もうストレスだよね。

 

だから、それが嫌ならキャラクターのエースモンスターを使いながらも「フィールドには出さない縛りのデッキ」を作るしかない。 

私のレッドアイズやブルーアイズなんてそうだもの。

とはいえ、その2つとかはフィールドに出さなくとも戦える動きが用意されているからいいけど、希望皇なんてどうしようストレスしかないデッキじゃないか・・・

チキショウチキショウ…前作では元からなかった絶望皇がやっと使えると思っていたのに・・・

(  後の無料アップデートVer.1.0.1適用で希望皇の代替モンスターが追加されたので、ストレスなく絶望皇も使える)

 

www.nanapachi.com

www.nanapachi.com

 

 

まとめ

まとめも何も1つの事しか書いていませんが、多分このゲームは初心者向けのゲームだろう。

概ねそのような初心者向けのティーチングゲームといったところのように思う。

 

もし、この考えが正しいとして、ビジネスかぶれをするならば、過去作を知っている人や、ある程度ルールを知っている中・上級者は本作の対象ではないとも言える。

本作へのクソゲー評価はホント概ねを賛同するが、このように考えてみると安直にクソゲーと断定していいものだろうか?

 

ゲーム自体のティーチング性も、手取り足取り教えてくれる完全なティーチング(ゲーム)も本作には導入されているので、遊戯王とは何ぞやと始めてくれた初心者の方にはいいゲームではないかと思う。