【ゴッドイーター3】家族な妄想、再考…公式的にはニールなのか!?(Ver.2.40)

ゴッドイーター3の思い入れ。

 

無料アップデートもVer.2.50が配信されていますが、その前のVer.2.40時点で感じたことを書きます。

 

一応これが妄想上の家族構成の最後かな。

 

 

 

 

はじめに

 現実的にはそういうこととは縁遠い身の上ですが、現実的にも作品的にも一夫一妻ではなく、多夫多妻を個人的に提唱/願望しています。

 

そのため、ここでの家族関係は多夫多妻を基本とします。

 

ただ、結果的に一夫多夫妻になってしまっていますが。

 

www.nanapachi.com

 ↑こんな感じで、家族の妄想はいくつか過去に書いていたりします。

今回はその改訂みたいなものです。

 

 

過去との邂逅ニール編を遊んで(Ver.2.40)

無料アップデートVer.2.40が適用されて遊べるようになる追加エピソードニール編の過去との邂逅。

 

 私は下の記事のように、まだニール編が出る前のニールを(義)弟としていた。

www.nanapachi.com

 

しかし、それがどうだ本エピソードを遊んでその認識を改めなくてはいけなくなった。

 

いや、人によっては変わらんだろう。夫、兄弟、恋人、親友、セフレ…まぁ何でもいい。

 

 

私はこれまで弟と規定してきた。

 

いや、もう一人クレアについても認識を改めた。

彼女を恋人と規定してきたが、周回プレイをして改めて夫人にしたい。

 

そして、どうにもクレアは言わずもがな、ニールのストーリームービーも見る限り、彼女と彼が公認的な愛妻と愛子夫のように感じられて仕方がない。

 

あくまで公認「的」である。公式の公言はないと思われるので「的」だ。

 

しかし、二人のムービーを一通り見てしまうとね…二人ともにキュンキュンするよね。しない?

 

この二人を侍らせての夫婦=家族生活とはなんとも・・・ムフフである。

 

少なくともニールに関しては、作中にてイケメン認定されているため、ウフフ。

生活面も戦闘面も一通りこなせて、他意のない慈愛があふれて真面目で少々抱え込んでしまうイケメンとか、リカルドも苦笑いしていたけどたまらんよねホント。

 

これは蛇足だが、私年齢のせいか程度にもよるとはいえ最近少々のつり目のイケメンもいけるくちになっちまったもんだから、たまらんよ。

  

再考・妄想家族構成

  • 主人公:男主
  • 第一夫人:クレア
  • 第二夫人:ルル
  • 第一夫 :キース
  • 第二夫 :ニール
  • 愛 娘 :フィム
  • 父母兄姉親友ときに夫婦:ユウゴ
  • 親 友 :ジー

 

感想

●公式「的」見解をするならば、クレアが妻でニールが夫、愛娘にフィム。幼馴染にして大親友なユウゴといったところと思う。

※あくまで、公式ではないため「的」と表現する。

 

とはいえ、これは私の妄想のため、第一夫=愛子夫はキースにしている。

私が好きになった人をそこに据えたい。

 

また、少なくともGE3の世界観にあっても一夫一妻主義/制をとられているのか、どうかにもよる。

 

この多夫多妻はあくまで私の主義であって、せいぜい一般的なのは一夫一妻。準じて一夫多妻。

そして、知る人ぞ知る一妻多夫(多夫一妻)だろうか。

 

そういう意味では、一夫一妻に疑問を持つ人は少ない現状を思えば、作中も一夫一妻だろう。

男主ならクレア(妻)、女主ならニール(夫)といった具合だろうか。マイルドにすればどちらも対応するヘテロとしての恋人といったところか。

 

でもやっぱりどうせなら、愛妻に愛子夫の両方を侍らしたいと思わない?私は侍らしたい。

我が男主(女主)はそれができる男(女)なのよ。そこに意図なく、愛情やら好意が自然と。

 

 

ジークは迷ったがここにきて親友にしようかと思う。

 

どちらが兄とも弟ともいわず義兄弟でもいいような気がするがそれはそれでしっくりこず。

 

正直、ジーク三兄弟を夫に迎え入れてもいいとも思うのだが、夫もしっくりこない。

 

恋人は…とも思うがこの主人公の恋人というのもしっくりこない。カップリングとしては楽しめるのだがいかんせんしっくりこない。

 

じゃあ友人かというと、距離感はそれほど遠いとも思えず、親しみは感じるので親友にした。

 

 

●たぶん、作中にある「家族」って一般的な家族とは違うものなんだと思う。

 

いわゆる、夫婦・親子みたいな役割的なものじゃなく、義兄弟の延長線上という表現しか私は持ちえない。

(※義兄弟…ここでh義理の兄弟姉妹という意味ではない)

 

いかに、多夫多妻を是としている妄想とはいえ、役割的解釈をしている。

 

役割的家族ではルルとキースはこの枠から外れると思われ、寂しさを勝手に感じている。義兄弟の延長上だからこそ彼女も彼もつながっていられると。

 

妄想だから関係ないっちゃ関係ないのだが。

 

どうにかキースとはつながりたいものだ、いろんな意味で