napachiのブログ

基本、私見を書いています。

【遊戯王OCG】SDR×3+aを自分好みにしてみた4-巨神竜復活-(遊戯王LotD…Ver.1.0.1)

遊戯王OCGへの思い入れ。

 

「SDR-巨神竜復活-」の3箱使用に+aして、横好きなりの自分好みに構築したデッキレシピを書いています。

 

  

はじめに

  • 私のデッキビルド能力は乏しいです。カテゴリ等のポテンシャルに依存しています。
  • これはネタデッキです。ネタデッキだから弱いとはいませんが、ある程度の欠点を残しつつ、SDRの看板モンスターを自分フィールド上に立たせたプレイをしたいデッキです。
    そのため、基本妨害されることを想定していません。
  • シミュレーションは遊戯王LotD(Ver.1.0.1)で行っています。
  • レギュレーションは2020/10現在に基本従いますが、漏れがあるかもしれません。
  • EXデッキのモンスターを表現する場合の一部を除いて、次のように省略します。
    ○シンクロ→S
    ○エクシーズ→X
    ○ペンデュラム→P
    ○リンク→L
  • ここでのカード名は、一部を除き略称です。

 

粗削りデッキレシピ

40(枚) デッキ

18 モンスターカード

  • 3 アークブレイブドラゴン
  • 2 巨竜の守護騎士
  • 3 巨神竜フェルグラント
  • 3 白き霊龍
  • 1 創世の竜騎士
  • 1 ダークブレイズドラゴン
  • 3 巨竜の聖騎士
  • 1 フェルグラントドラゴン
  • 1 太古の白石

18 魔法カード

  • 3 暗黒界の取引
  • 1 おろかな副葬
  • 3 巨神竜の遺跡
  • 1 死者蘇生
  • 1 増援
  • 1 手札抹殺
  • 1 ハーピィの羽根帚
  • 1 フォトンサンクチュアリ
  • 3 復活の福音
  • 3 竜の渓谷

4 罠カード

  • 2 戦線復帰
  • 2 崩界の守護竜 

15 エクストラ(EX)デッキ

  • 1 神竜騎士フェルグラント
  • 1 I:Pマスカレーナ
  • 1 ヴァレルソード・ドラゴン
  • 1 混沌の戦士 カオス・ソルジャー
  • 1 鎖龍蛇-スカルデット
  • 1 双穹の騎士アストラム
  • 1 守護竜ピスティ
  • 1 ストライカー・ドラゴン
  • 3 天球の聖刻印
  • 2 ハイパースター
  • 2 ユニオン・キャリアー

 

ザックリ解説

ザックリ動き方等

本SDRの基本コンセプトに従い「巨神竜」が自分に立つように立ち回ります。

そして、その「巨神竜」の「自身の蘇生成功した場合のカードの除外」と「自身で相手モンスター戦闘破壊場合の大型ドラゴン族の蘇生(一部)」という2つの効果を余すことなく使って勝利を目指しましょう。

 

それとコンセプト通りに、積極的な墓地からのレベル7・8ドラゴン族モンスターを蘇生していきましょう。結構豪快で楽しいです。

 

コスト要因

臨機応変が大前提ですが、特に「アークブレイブ」と「遺跡」は手札にあり次第優先的にコストに利用しましょう。

どちらも条件付きとは言え「アーク」は墓地にいくことで旨みがあり、「遺跡」は条件さえ満たし続ければ何度でも回収できるので全く問題ないです。

これはもうコンセプトデザインだとは思いますが、「遺跡」を先にコストに墓地へ送ってから手札の「アーク」をコストに「遺跡」を回収すればなおおいしいです。

 

※ただし、墓地へ送った「アーク」を生かしきるためには同一ターン内に、別名のレベル7・8ドラゴン族モンスターを1体以上墓地へ送っておけないとただのコスト止まりになってしまうことには注意が必要です。

これをもったいないと感じてしまう人は・・・考えましょう。もどかしいですがこれしかないです。

駆け引きとしてこれを楽しむか、ただただ悶絶するか。

 

EXデッキは何でもいい

何でもは言い過ぎですが、このデッキとしては最低でも「聖刻印」「キャリアー」の2種類さえあればいいです。

「ドラゴン族」デッキ必須級の「聖刻印」さえ多めに入れていれば、「キャリアー」は1枚でいいです。

 

「ストライカー」は「ピスティ」の効果発動条件を満たすための手段の一つとして入れています。

しかし、基本L召喚しませんし、しにくいです。

両者のL素材は基本的に「遺跡」で生成したレベル1トークンを使います。

このトークンが2体特殊召喚することはまあまあできますが、横一列に1マス開けて先のLモンスター2体を揃えられるような状況で2体のトークンを生成することはこのデッキでは極めてまれです。

 

1枚刺しは基本ネタ枠

一部を除いて、1枚づついれているモンスターカード等はネタ枠です。

リメイク前のSDでの看板モンスターやネーミングの共通性で入れているので、このデッキから改造を始めるなら真っ先に抜いていい枠です。

 

 

好きなカード

  • 「巨神竜」…カッコいい。好き。
  • 「白き霊龍」…なんか好き。惹きつけられる。好きは好きなんだけども、なんか違うの。でも好きなの、もうわからない。
  • 「混沌の戦士」…カッコいい。ただし、このデッキでは「巨神竜」と役が被ってしまう。

 

SDRへの感想

一部を除いて、SDやSDRはメインデッキだけで遊べるような作りになっていますが、個人的にその中でもこの「SDR-巨神竜復活-」は特にわかりやすく、そして十分に強い印象にあります。

 

インフレーションの都合上EXデッキを使った方がより強くなることは否めません。しかし、それでも結構遊べる印象です。(ガチは除く)

 

最上級モンスターを収録しているので、良くも悪くもデッキとしての長所と短所が明確になっています。

この「良くも悪くも~」と言う性質は個人的には良い印象です。

このSDRからデッキ構築をはじめる場合、短所を軽減したり無くすにしても、短所そのままに長所を引き延ばすにしても、長短が明確な方がやりやすいからです。