napachiのブログ

基本、私見を書いています。

【遊戯王OCG】「交血鬼ーヴァンパイア・シェリダン」が使いたい③ 「X-セイバー」編(遊戯王LotD…Ver.1.0.1)

遊戯王OCGへの思い入れ。

 

S召喚によって、レベル6モンスターが調達やすい「X-セイバー」カテゴリを使って、横好きなりに「交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン」を主力に使えるようなデッキレシピをここに書き残す。

 

 

はじめに

  • 私のデッキビルド能力は乏しいです。カテゴリ等のポテンシャルに依存しています。
  • これはネタデッキです。ネタデッキだから弱いとは言いませんが、ある程度の欠点を残しつつ、「交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン」を自分フィールド上に立たせたプレイをしたいデッキです。
    そのため、基本妨害されることを想定していません。
  • シミュレーションは遊戯王LotD(Ver.1.0.1)で行っています。
  • レギュレーションは2021/01現在に基本従いますが、漏れがあるかもしれません。
  • EXデッキのモンスターを表現する場合の一部を除いて、次のように省略します。
    ○シンクロ→S
    ○エクシーズ→X
    ○ペンデュラム→P
    ○リンク→L
  • ここでのカード名は、一部を除き略称です。

 

粗削りデッキレシピ

40(枚) デッキ

18 モンスターカード

  • 3 X-セイバー エアベル
  • 3 X-セイバー エマーズブレイド
  • 3 X-セイバー ダークソウル
  • 3 X-セイバー フォルトロール
  • 3 XX-セイバー フラムナイト
  • 3 共鳴虫

13 魔法カード

  • 1 サイクロン
  • 1 サンダー・ボルト
  • 1 死者蘇生
  • 3 セイバー・スラッシュ
  • 3 セイバー・リフレクト
  • 1 ハーピィの羽根帚
  • 3 補給部隊

9 罠カード

  • 3 ガトムズの緊急指令
  • 3 セイバー・ホール
  • 3 戦線復帰

15 エクストラ(EX)デッキ

  • 1 瑚之龍
  • 2 ゴヨウ・ガーディアン
  • 2 スターダスト・チャージ・ウォリアー
  • 2 XX-セイバー ヒュンレイ
  • 3 交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン
  • 1 幻影騎士団ブレイクソード
  • 1 水晶機巧-ハリファイバー
  • 1 崔嵬の地霊使いアウス
  • 1 バイナル・ソーサレス
  • 1 ミセス・レディエント

 

ザックリ解説

ザックリ動き方等

 「X-セイバー」カテゴリのデザイナーズコンセプト通りにS召喚を積極的に行いレベル6モンスターを用意したり、各種カードの効果で相手モンスターのコントロールを奪取して、X素材を調達して「シェリダン」のX召喚を狙います。

 

「ハリファイバー」はやはり強い

S召喚ができる状況で、かつ「緊急指令」等でモンスターの後続展開ができる状況であるとき、すぐにS召喚をするのではなく「ハリファイバー」を挟むことで最終的に展開できるモンスターの数が2体以上になります。

 

臨機応変が基本ですが、下手に先にS召喚してしまうとモンスターがそのSモンスター1体しか展開できないことも多々あります。

後続展開ができるのであれば戦略的にはありです。

しかし、その時々の戦略構築や臨機応変さに慣れるまでは、「ハリファイバー」→後続展開のテンプレートに従えばいいです。

 

その後、「ハリファイバー」の効果で相手ターンにS召喚するのは「瑚之龍」です。

「瑚之龍」が生存していたら、「バイナル」等の素材指定の緩いLモンスターのL素材にする等して自力で墓地へ送って「瑚之龍」の1ドロー効果をを使います。

 

「ハリファイバー」が有能だと言われて久しいですが、改めて使ってみると評判通り有能さに感服してしまいます。

 

一部補足

  • Lモンスター

「ハリファイバー」の項目でも触れたように、Lモンスターの存在意義は自力で「瑚之龍」を墓地へ送るという性質が強いです。

そのため、素材指定が緩ければLモンスターは何でもいいです。

 

  • 「チャージ・ウォリアー」

 「ヒュンレイ」をS召喚するまでもなく、「ゴヨウ」をS召喚するまでもない。または、もったいない時にS召喚する要員です。

 

おまけでS召喚成功時に1ドローできるという効果はまあまあうれしい。

 

好きなカード

  • シェリダン」…カッコいい。

 

あとがき

レベル6モンスター有するカテゴリデッキを見ると、「シェリダン」を使いたくなってしまって仕方がないです。

なんだかもう好きなのか何なのかはわからない心持。